可睡斎

ホーム >  最新のお知らせ

最新のお知らせ

[その他] 記事一覧

2013年07月25日(木) [その他]
現在、齋主寮(住職)の裏山の様子

IMG_0840IMG_0847IMG_0850

一昨年の台風、昨年の夏の大雨の影響で齋主寮(住職)の裏山が崩れていましたが、現在(7月26日)の様子です。

 

8月28日(水)奥之院不動尊大祭に間に合うように工事がすすめられています。

 

 

皆様のご支援ありがとうございます。

 

引続き宜しくお願い致します。

 

 

 

2013年07月16日(火) [その他]
「風蘭」

只今、可睡齋の中庭には、「風蘭」が咲いています。

*風蘭とは、日本原産のラン科植物のひとつで、着生植物である。

IMG_0750 IMG_0752

2013年07月10日(水) [その他]
現在、可睡齋で咲いている花

IMG_0628 IMG_0631現在、可睡齋では、赤いモントブレチアが咲いています。

モントブレチアは、袋井で「祇園花」「盆花」と言われている花です。

花言葉は、良い便り・楽しい想い出・陽気・清楚な人・謙譲の美・芳香です。

2013年07月5日(金) [その他]
ただ今、長期参禅修行中です!

只今、可睡齋では、長期参禅者がいます。そのひとりである「宮沢慶郎」さんに語っていただきました。

 

私は今年の二月に長く勤めた会社を一年早く退職して、ご縁があって三月初めより「可睡斎」で長期参禅者としてお世話になっております。出身は茨城県日立市で五月に六四歳を迎えました。

 

長期参禅の動機は、人生の最終章を「禅の修行」により、従来とは違う生き方をしていくためです。

 

上山の当初で苦労した点は、食事で応量器(食器)を展鉢(食器を広げること)したり、食べたりすることでした。食事は「展鉢の偈」等の偈文を唱えながらとなるため、両方が上手くいかず、恥ずかし思いを沢山しました。辛い時には、同時期に上山した新到(新しい修行僧)さん達と支え合い、励まし合って乗り切ることが出来ました。

 

三月中旬には「在家授衣式(ざいけじゅえしき)」を厳粛かつ厳かの中で沢山の和尚さんに参列して頂きました。戒師の佐瀬道淳齋主老師様より「塔袈裟偈(たっけさのげ)」の書かれた絡子を拝受しました。緊張感と絡子をつけて修行できる喜びなどで、年甲斐もなく涙を流してしまいました。

 

07.授袈裟

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坐禅は、古参雲水さんに基本事項を教えて頂き禅堂(僧堂)で毎日坐っております。しかし、坐禅中に眠くなったり、腰が痛くなったり等もあり、想い通りにいっていません。これからの課題は「集中する事と姿勢を整える事」であると感じています。

 01。僧堂で坐禅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

修行生活は厳しいですが、精進料理を中心とした食事を美味しく頂きながら、目標であったメタボの解消もでき、体力気力とも充実しております。修行生活もあと二ヶ月となりましたが、教えて頂いたことを身に付けて日常生活で活かせるように更に精進をしていきます。

 

在家の皆様も健康と体力に自信のある方は、長期参禅修行にチャレンジして、自分の人生を変えてみませんか。

 

 

2013年06月22日(土) [その他]
佐々木鐵心(ささきてっしん)画伯の関係図

新規ビットマップ イメージ可睡齋で佐々木鐵心画伯と言えば、斎堂(食事をする堂)の襖絵を画かれた方です。

上記は、佐々木鐵心画伯の関係図です。

*佐々木鐵心画伯の斎堂(食事をする堂)の襖絵の作品は、拝観で見れます。

ただし、斎堂が使用されている場合、佐々木鐵心画伯の襖絵の作品は、拝観できない場合がございます。ご了承ください。

 

2013年06月15日(土) [その他]
可睡ゆりの園の現在

可睡齋のお隣の「可睡ゆりの園」では、現在(6月14日)ゆりが満開です。

ゆりの開花状況は、「可睡ゆりの園」0538-43-4736へご連絡ください。

*「可睡ゆりの園」は、可睡齋が運営しておりません。

現在、可睡齋では、精進料理・ゆり膳(~7月6日まで・11時~14時まで)をご予約なしで頂くことが出来ます。

是非、この機会に!