ぼたん苑

━━━

 

可睡斎のぼたん苑は、四十八世日置黙禅師が中国からぼたんの苗を持ち帰り、更にたくさんの品種を国内外から集め、現在の広大なぼたん苑となりました。ぼたんは、絹のような花びらが幾重にも重なる優雅でふくよかな花姿から、富貴の花と呼ばれています。日本には奈良時代に中国から薬用の植物として伝えられ、江戸時代以降に栽培が盛んになり、160以上もの品種があったとされます。俳句では牡丹の名句が多く、蕪村の「牡丹散りて打ち重なりぬ二三片」が有名です。また、絵画や家紋としても親しまれてきました。

 

 

 

可睡斎境内にある
瑞龍閣の襖絵にも、

山口玲煕画伯が描いた牡丹があります。ぼたん苑では、毎年4月中旬から5月上旬にかけて、3,000坪の敷地内に約150種2,000株の色とりどりのぼたんが咲き誇り、黄冠、トリビュートなどの珍しいぼたんや、洋芍薬、ツツジ、ジャーマンアイリスなども鑑賞できます。期間中は、ぼたん市で鉢植えやぼたんの販売が行われ、お休み処では軽食を楽しむことができます。

 

 

■ぼたん苑(4月中旬~5月初旬)

入苑料

大人500円(小学生以下無料)

団体20名以上450円

午前8時~午後5時

 

■室内ぼたん庭園(1月1日~3月31日)

瑞龍閣にてひなまつりと同時開催される室内ぼたん庭園では、ひとあし早く元旦から牡丹の花を楽しむことができます。>「ひなまつり(室内ぼたん庭園)」の詳しい情報はこちら

 

 

 

 

秋葉総本殿 可睡斎 
〒437-0061 静岡県袋井市久能2915-1
電話番号 0538-42-2121(代)/FAX 0538-42-1429
-お問合せ-
秋葉総本殿 可睡斎 禅体験 精進料理 座禅 ご祈祷 修行 安居生 修行 宿泊 研修 静岡県 袋井市 ひなまつり 雛祭り 紅葉 ご利益 写経 御朱印 料理教室 秋葉の火祭り 風鈴まつり
Copyright (c) Kasuisai. All Rights Reserved.