紅葉ご利益めぐり

━━━

 

日本の古い寺社仏閣に
映える紅葉の鮮やかさ、

奥深さは世界に誇れるものです。「古寺に 灯のともりたる 紅葉かな」と、正岡子規が詠んでいるように、俳句や短歌でも紅葉の句が多く、日本人が昔から愛でてきたことが分かります。油山、法多山、可睡斎では、遠州三山紅葉ご利益めぐりを開催しています。訪れた皆様にご利益がありますようにと、約3500本の紅葉が出迎えてくれます。紅葉狩りが行楽として人気になったのは、町民文化が華やかになった江戸時代中期。なぜ「紅葉狩り」というのかというと、きのこ狩りや猪狩りのように山へ出掛けて紅葉を見に行ったから、赤い葉を拾い集めたから、と言われています。

 

 

 

可睡斎には、
もみじが約1000本

植栽されていて、境内諸堂との調和が素晴らしく、荘厳な読経の声を聞きながらゆっくり散策できます。朝に見る紅葉は、静謐な空気に包まれていて、心静かな気持ちになります。昼に見る紅葉は、木漏れ日がちらちらと葉に落ち、葉脈を見せてくれます。夕方に見る紅葉は、夕日と競っているかのように燃える激しい赤が印象的です。夜に見る紅葉は、人々も静かに歩き、ライトアップされた紅葉は幻想的です。そして、葉が散った後も、参道に赤い絨毯を敷いたような美しさを見せてくれます。見る人の豊かな感性を刺激する秋の風物詩は、今年もまた美しい姿を見せてくれます。

 

 

 

また、花より団子という
あなたのために、

遠州三山それぞれが工夫を凝らした期間限定スイーツを用意してお待ちしています。

 

 

開催時期:11月下旬から12月初旬

可睡斎境内でご自由にご覧いただけます

 

 

 

 

 

 

秋葉総本殿 可睡斎 
〒437-0061 静岡県袋井市久能2915-1
電話番号 0538-42-2121(代)/FAX 0538-42-1429
-お問合せ-
秋葉総本殿 可睡斎 禅体験 精進料理 座禅 ご祈祷 修行 安居生 修行 宿泊 研修 静岡県 袋井市 ひなまつり 雛祭り 紅葉 ご利益 写経 御朱印 料理教室 秋葉の火祭り 風鈴まつり
Copyright (c) Kasuisai. All Rights Reserved.